データ入力」から MRTG などのテキストログを入力することで、いつ頃に資源が逼迫するかを計算します。

サービスの導入初期段階に、複数のネットワークならびにCPU資源が同時に逼迫し出した際に、どこから対処するべきかの目処をつけるのに役立ちます。

表の最大の数値を変更すると最大収容量を変更できます。また、グラフのデータをクリックすると、その時期からの予測計算を行います。

表をクリックすると、該当するデータのグラフが表示されます。逼迫想定日順にソートすることができます。